免疫力データ

バランスアルファの免疫賦活能力の証明

免疫分析研究センター調査結果

「バランスアルファ」を飲用し続けると、病気が治ったり、疲れにくくなったり確かに様々な効果が現れるが、それがどのような働きに基づくものかわからない、証明するデータはないか? こうした問合せを何度もいただき、それに対する回答をどのように実証できるのか、あれこれ考えあぐねていたところでした。

そんな中、偶然に京都大学の学内ベンチャーから発展した 「免疫分析研究センター」 という民間の研究機関を紹介されたのです。「免疫分析研究センター」 は、食品や薬品などが、生物の免疫系に対し、どれだけの影響力があるかを試験・測定・評価する会社です。 担当者の方と意見を交し、「バランスアルファ」に免疫賦活能力(免疫作用を高める能力)があるかどうか、大づかみで捕らえる目的で、マウスのマクロファージ(白血球の一種)の活性を調べることになりました。
以下はその結果です。

バランスアルファはマクロファージやNK細胞を活性化

バランスアルファ添加時のNOの産生能及びTNF-α産生量

上のグラフは、バランスアルファ の添加濃度を変化させ、それに伴うマクロファージの免疫因子生成量を記録したものです。

このグラフから、

  • バランスアルファはNO産生能を誘導する作用は見られない
  • バランスアルファはTNF‐アルファ(腫瘍壊死因子)を誘導している

ことの2つがわかります。

TNF‐アルファ(腫瘍壊死因子)は、主にマクロファージやリンパ球から産出され、生体防御因子として、 種々の免疫賦活効果を誘導し、ある種の腫瘍細胞に直接細胞毒性作用をもつことが知られています。

バランスアルファがこれらを誘導しているとは、バランスアルファがマクロファージやNK細胞を活性化し、 体内で絶えず発生する腫瘍細胞を駆逐することに、一役買っていることを推測させます。

免疫に効果の高い「梅・たもぎ茸バランスアルファ」

バランスアルファの素材としての梅やたもぎ茸の力はどうでしょうか? 下記グラフでお分かりのように、プレーンタイプのバランスアルファに比べ梅・たもぎ茸バランスアルファは攻撃型免疫活性を促すサイトカインTNF-αの産生量が増えています。

梅とたもぎ茸を加えたバランスアルファは、攻撃型免疫系サイトカインを増やす働きに、大きな刺激になっていることが示されています。

抗アレルギー作用の高い「蓮バランスアルファ」

蓮の実を加えて発酵させたバランスアルファの免疫賦活能力は、とりわけ「抗アレルギー作用」において傑出しています。ラット由来好塩基球性白血病細胞株を用いて、試験物質の抗アレルギー作用を評価したのが下記のグラフです。

アレルギー反応は、免疫細胞の一つであるマスト細胞にアレルゲンが付着すると、マスト細胞が破れて、中からヒスタミン等の血管収縮作用物質やロイコトリエン等のかゆみ作用物質が滲出し(脱顕粒)、反応を起こすものです。

脱顕粒阻害とは、このマスト細胞から問題物質が滲出するのを防ぐこと、ロイコトリエン遊離阻害とは、同じくマスト細胞からロイコトリエンが漏れ出すのを防ぐことを意味します。

 グラフを見ると、脱顕粒阻害作用については、蓮バランスアルファのみが濃度に比例して阻害率を高めています。また、ロイコトリエン遊離阻害では、やはり蓮バランスアルファのみが濃度に比例して阻害率を高いレベルで上昇させています。

このような試験結果は、蓮を加えたバランスアルファが、アレルギー反応が起きても、それが悪化しない働きを促進してくれることを期待させます。

バランスアルファの炎症を軽減する作用の証

バランスアルファはTNF‐アルファの産生をも抑える

バランスアルファ+LPS添加時のNOの産生能及びTNF-α産生量

上のグラフは、マクロファージ活性物質LPSに、バランスアルファの濃度を変えて加えたときのTNF‐アルファの産生量を記録したものです。
ここでは逆に、バランスアルファの濃度が上がるに連れ、TNF‐アルファの産生量が減っています。

TNF‐アルファは、炎症を引き起こす免疫物質としても知られていますから、 バランスアルファは、ある条件下ではTNF‐アルファの産生を抑制し、炎症を軽減する作用があると推測されます。

「免疫分析研究センター」 による試験で、「バランスアルファ」の免疫賦活能がある程度確認されました。

今後も「バランスアルファ」の〝能力〟を少しずつではありますが、客観的に明らかにしていきたいと考えております。

2017/08/20