蓮(ハス)について

蓮(ハス)|蓮バランスアルファの原材料

蓮(ハス)

このコーナーは、「蓮バランス」の原材料の一つ「ハス(蓮)」について、その歴史、効果・効能を優しく解説するページです。

蓮(ハス)の【歴史・由来】

蓮(ハス)の歴史はとても古く、約1億年前には地球上に出現していたとされています。

インドでは、紀元前3000年からハスが食用とされていただけではなく、宗教などにも深く関わっていると考えられ大切にされてきました。古代中国では、ハスの実は、松の実やクコの実などと同様に健康食品として用いられ、皇帝への貢物として使われていました。

日本でも約2000年前の弥生時代の地層からハスの実が発見されていることから、古くから親しまれていた植物であったと考えられています。

ハスの実がつく花托が蜂の巣とよく似ていることから「蜂巣(はちす)」と呼ばれていましたが、その後、蜂巣が略されてハス(蓮)と呼ばれるようになりました。

ハスの実である種子は千年以上も発芽力が消失しない程、強い生命力を持っているといわれています。

1951年(昭和26年)関東学院大学の大賀一郎博士は、2000年以上前の地層から発見した蓮の実を発芽させました(この大賀ハスは今でも東京都町田市で鑑賞することができます)。
また、埼玉県行田市の小針沼や小崎沼や付近の田んぼでは、長く種のまま地中に置かれていた蓮が第二次大戦後、急に芽吹き、以降自生して今日にいたっています。

蓮(ハス)の【効果・効能】

漢代中国の薬事書「神農本草経」では万病の薬として、心身ともに軽やかにし、生気躍動せしめるものとされ、「本草拾遺」には、百年を経た実を食すると「髪黒くして老いず」とあります。 「蓮」が長寿健康の秘薬として珍重されたのは、実際に「蓮」の実が長寿であったからです。

薬草としての蓮は、利尿・止血・精神の沈静・腰痛・痔疾・結核の喀血・腫物等に効果があるとされました。蓮(ハス)には精気増進の効があるとされ、中国では長く歴代の皇帝が常用し、多くの女性を御することにその効能を現したとされています。太平天国の洪秀全(1814年~1864年)は、蓮を煎じたものだけで同時に80名の女性を喜ばせたとあります。

蓮は、葉・レンコン・雄蕊・花托・花・実のすべてが薬草として用いられましたが、やはり実の力が一番だったようです。