一覧に戻る

慢性腎不全の老猫が元気になりました

効果を実感された猫の飼い主のお話

老猫が慢性腎不全の診断を受けました

老猫のクロ(推定16歳・オス)が嘔吐を繰り返すようになり、病院へ連れて行ったところ、慢性腎不全との診断を受けました。
しかも病状が進んでおり、先生からは皮下点滴をすすめられました。

どうしてもっと早く気づいてあげられなかったのか、とても悔しい気持ちでいっぱいになりました。数日間は何も手が付かないほど落ち込みました。
でも、「いつまでも悲しんでいる場合ではない、クロのためにできることをしよう」と思い、皮下点滴を受けることにしました。

病院で何回か点滴を打ってもらいましたが、クロがとても嫌がるので、ストレスのことを考えて自宅でも点滴が打てるように指導を受けました。
しかし、いざ始めようと用意をすると、やはり嫌がってすぐに逃げてしまいました。病院での出来事を覚えていたのでしょう。
皮下点滴をしないとクロは良くならないけれど、こんなに嫌がっているクロを無理に押さえつけてまで打つのは可哀想という葛藤にとても悩みました。

抵抗なく飲んでくれるサプリメント

バランスアルファを知ったのは、クロの里親さんがキッカケでした。
クロはもともと保護猫で、10年前にうちにきました。その里親さんに、病気のことや、自宅での皮下点滴にチャレンジしているが苦戦していることを相談した際に、教えてもらいました。
里親さんの元を巣立った猫たちの中に、クロと同じ病気になった子がいて、バランスアルファを飲ませて体調がとても良くなったそうです。

早速バランスアルファのサンプルを取り寄せ飲ませてみると、全く嫌がる素振りもなく飲んでくれて安心しました。
1日に3~4回に分けて飲ませたので、サンプルは1ヶ月程で飲みきりましたが、クロの体調に大きな変化がありました。
便秘がちで下痢気味だったのが、バランスアルファを飲ませてから毎日ウンチをするようになり、下痢も改善されました。
嘔吐もなくなり、効果を実感することが出来たので、飲ませ続けることにしました。

バランスアルファを飲ませ続けて1年以上経ちますが、今ではもう皮下点滴の必要はないと先生からもお墨付きを頂くまでになりました。
あのとき、里親さんに相談して本当によかったです。

クロはもうかなりのおじいちゃんですが、食欲もありますし、何より元気になってくれたことがとても嬉しいです。
これからもクロらしく、のんびり過ごしてほしいと思います。

(宮崎県 女性)

一覧に戻る