一覧に戻る

免疫介在性溶血性貧血の猫の愛用サプリメント

効果を実感された猫の飼い主のお話

免疫介在性溶血性貧血(IMHA)が改善しました

5歳の保護猫(女の子)がいるのですが、最近ご飯を完食できないことが多くなり心配になって病院に連れて行ったところ、免疫介在性溶血性貧血と診断されました。
疲れやすくなった、元気がなくなった、など他にも思い当たる症状がいくつもありました。

 

免疫介在性溶血性貧血は原因がはっきり分からないとのことで不安もありましたが、早速ホルモンの投与で免疫力を抑制する治療を受けることになりました。
しかし、治療が始まって3ヶ月が経っても、症状が全く改善しませんでした。新しい薬を試すことになったのですが、薬漬けの毎日があまりに可哀想に思えて、他にいい方法はないものかと探していました。

免疫介在性溶血性貧血に効果のあるサプリメント

免疫力を抑制する効果があるサプリメントを探していて、バランスアルファにたどり着きました。
暴走した免疫力の抑制には蓮バランスアルファがおすすめということで、1日に30mlを数回に分けて飲ませています。
まだ飲ませ始めためたばかりですが、ご飯を残さず食べるようになりました。また、少しずつですが以前よりも遊ぶ時間が長くなってきています。
病院の薬はもう飲んでいないので、蓮バランスアルファの効果以外、思いつく要因がありません。

 

ホルモン治療ではなかなか効果が現れなかったので、蓮バランスアルファでまさかこんなに早く効果が出るとは思いませんでした。
うちの猫ちゃんには、薬よりもサプリメントが合っていたのでしょう。楽しそうに遊びまわっている姿をまた見られることが、とても嬉しいです。

 

このまま続けて飲ませてみて、また大きな変化がありましたら報告させて頂きます。

(愛媛県 女性)

一覧に戻る