一覧に戻る

腸内フローラは健康を作り出す工場

腸内フローラが健康の良し悪しに直結する

大切なパートナーとうまくつき合っていくには、相手のことをよく知らなくてはなりません。このページでは、腸内細菌がどこに棲んでどんな仕事をしているのか、その素顔を紹介します。

 

腸内細菌の種類は、培養できる細菌に限っただけでも100種類を超え、その数は100兆個以上、培養できない細菌をあわせると5万種類以上、1000兆個以上になりますから、これはもう無限に近いといっても過言ではありません。総重量も1~2kgに達するといわれています。

 

胃の中の細菌は強い胃酸が影響して数は少なく、およそ1gあたり100個ないし1000個くらいで圧倒的に腸のほうが細菌の数は多いのです。その数の分布は小腸上部で1万個ほどですが、小腸下部では10万個から1000万個に急増し、大腸では100億個にまで達します。この中には、ビフィズス菌、乳酸菌、大腸菌、バクテロイデス菌、ウェルシュ菌など多くの細菌が花畑のように棲み着いているのです。

 

小腸下部から大腸全般にかけて、多種多様な細菌がびっしりとひしめき合いながら織りなしている様子は、まさに広大なお花畑(フローラ)のようであり、「腸内フローラ」と呼ばれています。この腸内フローラは、腸内細菌たちが住み込みで働いている工場のような存在といえるでしょう。

腸内細菌の役割

私たちのパートナーは、お花畑に住んで、その畑の工場で仕事をしているわけです。では、このお花畑で腸内細菌たちはどんな仕事をしているのでしょうか?主な仕事内容を挙げてみましょう。

 

  • 食べ物の消化・吸収と排泄物の形成
  • 免疫機能の維持
  • 有害物質の排除
  • 各種ビタミンの合成
  • ホルモンの合成
  • セロトニン、ドーパミン(幸せ物質)の前駆体の合成
  • 腸の蠕動運動の促進

 

ここで重要なポイントは、腸内フローラの工場において腸内細菌たちの行っている仕事の調子の良し悪しが、私たちの心身の調子の良し悪しに直結してくるという点です。

 

要するに、腸内フローラは「健康を作っている工場」のようなもの。病気になるかならないかも、キレイでいられるかどうかも、幸せな気持ちでいられるかどうかも、腸内フローラ工場において腸内細菌という作業員たちがどれだけ調子よく仕事をするかで決まってくるわけです。

一覧に戻る