一覧に戻る

獲得免疫とは

人が生まれてから獲得した免疫

「獲得免疫」を後天的な免疫と考えても差し支えないようです。

「獲得免疫」のわかりやすい例は、予防接種です。
予防接種で使用するワクチンは、細菌やウイルスなどの病原体の毒性を弱めた、または無毒化したものです。そのワクチンをあらかじめ体内に取り込むことによって、からだの中にその病原体と闘う防衛システムが作られます。これが「獲得免疫」です。
からだの中にその病原体に対抗する「獲得免疫」が作られて、病気の予防、症状の軽減、早期の回復が可能となるわけです。

獲得免疫の特徴

「獲得免疫」の特徴は、「一度かかった病気には二度とかからない」ことです。
その働きを説明しましょう。

  1. 免疫システムは、まずからだに侵入してきた病原体の情報収集・記憶を開始します。
  2. 次にそれらの病原体をやっつけるために戦闘能力を高めます。
  3. こうして病原体を駆逐したあとでも、その病原体の記憶は忘れません。
  4. 時を経て同じ病原体が侵入しようとしても、「獲得免疫」が素早く出動し、それらを駆逐します。

「同じ病気に二度かからない」ことは、多くの皆さんが麻疹(はしか)や水疱瘡(みずぼうそう)などで幼少期に経験しています。このように「獲得免疫」とは、病原体の種類に応じて変化、あるいは進化する能力を持った免疫といえるでしょう。

「獲得免疫」まとめ

  • もともとからだに備わっている免疫ではなく、病原体の侵入により体内に新たに作られる防衛組織のこと。
  • 出会った病原体の種類により、それに打ち勝つため自分自身を変化、成長させられる能力を持った免疫であること。

一覧に戻る