一覧に戻る

除去食とバランスアルファでアレルギー改善を目指します

効果を実感された犬の飼い主のお話

アトピーなのか食物アレルギーなのか

1歳のチョコラブを飼っているのですが、数ヶ月前から突然痒がるようになりました。

 

かかりつけの動物病院へ連れていったところ、獣医師の先生からは「皮膚のかゆみや炎症があるからといって、すべてがアレルギー性のものとは限りません」という説明をされ、その場で、寄生虫や細菌感染の検査をしてもらったのですが、問題はありませんでした。

 

アトピー性皮膚炎なのか食物アレルギーによる皮膚炎なのかの判断は難しいそうです。

 

食物アレルギーという診断

そこで、痒がる時間帯はあるか、痒がるのは家の中かお散歩に外出したときか、など痒がるときの場所の特徴、など犬を細かく観察して、痒がるタイミングを調べて原因を特定しましょう、ということになりました。

 

室内のハウスダストが原因ということも考えられる、というお話だったので、毎日丁寧に掃除機をかけ、部屋を清潔に保ち、換気をしました。しかし、痒がる様子は相変わらず。

 

犬をよく観察してわかったのは、食後に痒がることが多いということでした。

 

そう言えば、痒がり始めたのは、フードをパピー用から成犬用に変えた時期と一致していました。

 

先生にこのことを伝えると、食物アレルギーによる皮膚炎の可能性が高いですね、と言われてしまいました。

 

アレルギーをコントロールしたい

食物アレルギーを完治させることはむずかしく、アレルギーによる皮膚疾患の治療は根気が必要のようです。

 

私はステロイドなどで症状を抑え込む薬物療法ではなく、除去食療法を選びましたが、除去食療法と平行してバランスアルファも与えることになりました。

 

アレルギーを上手にコントロールして症状を抑えながら、快適に暮らしていけたら幸せです。

 

(50代 千葉県 女性)

一覧に戻る